EUR/GBP_DailyChart_20130330
3月12日以降のGBPの反発に伴い下落トレンドを進行しているEUR/GBP相場だが、EUR/USDEUR/JPYと共に、こちらもそろそろ反転しそうだ。
上のチャートはEUR/GBPの日足チャートにエリオット波動とペンタゴンチャートを表示したもの。

EUR/GBPは2012年7月23日安値0.77536を起点としたA-B-Cの3波構成の上昇を2月25日高値0.88137で終えて以降、調整局面にある。
昨年7月23日安値からの上昇が3波構成で終了するのか、さらに上昇するかどうかは今はまだわからない。しかし、これまでの上昇期間が約7ヶ月あったので、今回の調整局面はもうしばらく続くことになるだろう。この調整局面の波動をX波とすると、2月25日高値0.88137からの下落は、その第1波(X-a波)だと思う。

さて、ペンタゴンチャートの交点が4月4日、4月16日に位置している。また、EUR/GBPのトップとボトムのサイクルからみると、4月19日前後に次のトップがくる可能性が高い。

このため、EUR/GBPは4月4日前後から短期的な反発局面に入り、4月中旬に向けて戻り高を演じることになると思う。この反発はペンタゴンチャートの次の頂点が位置する5月6日前後まで継続するかもしれないが、戻り高値を付けた後は0.82midに向けて下落トレンドを再開することになるだろう。