20111009eurusd
昨日のGBP/USD分析記事で、ドルインデックスの上値目標と比較し、各通貨の目標値を想定した場合にEUR/USDが未だ到達していないと書いた。EUR/USDの下値目標値は2011年1月10日安値1.28723水準である。
上のチャートはEUR/USDの日足チャートにエリオット波動とペンタゴンチャートを表示したものだ。
EUR/USDは2011年8月29日高値1.45482から始まった5波構成の下落波動の第5波か、3波構成の下落波動のC波のいずれかに位置する。第5波(C波)は、9月28日高値1.36983から始まったと見られ、10月4日につけた1.3145の安値は、第5波(C波)を構成する小勢1波だったと思う。先週末にかけての戻り高は、小勢2波による調整局面だったのだろう。
このため、週明けからEUR/USDは再び下落を開始すると思う。9月以降のトレーディングサイクルが維持されていれば、おそらく来週末の10月14日前後に向けて下落が続くことになると思う。その後は再び小勢4波による調整を挟み、最後の下落波動へと移行するだろう。最終ボトムの時期は10月26日前後であり、目標値は1.29水準である。モメンタムが強ければ1月10日安値1.28723を下回るだろう。

ただし、これは第5波(C波)の起点を9月28日高値1.36983とした場合である。9月15日高値1.39358を第5波(C波)の起点とした場合、現在の戻りは小勢4波であるとみられ、週明けからの下落は最終5波となるだろう。このケースでは10月14日前後がボトムとなる可能性がある。

いずれにしても10月14日前後に向けてはショート戦略が有効だと思う。EUR/USDはGBP/USDなど他のストレート通貨と異なる動きを見せるかもしれないので、今週のトレードは難しくなるかもしれない。