こんばんは。カブールでつ(・∀・)
最近、ニュースを見ていると日経新聞以外の一般紙等でも「円高だ」「輸出企業の業績悪化で株安だ」「100円割れの恐れ」だのやたらと見るようになりましたナ。

一般人が騒ぎはじめた今が円売りのチャンスかもしれんネ(゚∀゚)アヒャヒャ

円高反転の目安として注目しているのが日経225の動き。特にCME日経225先物の膨大なショートポジションが巻き戻される局面では、本格的なドル高・円安が進展するのでは?とみている。
という訳で日経225の相場予想逝ってみよー!!
20080204N225日経225は1月22〜24日にアイランド・リバーサルを形成し、反発局面にある。1月29日から水星の逆行が始っているのでテクニカルや日柄計算が効きにくい期間だが、この底から日柄計算した結果、2月6日(或いは2月19日前後)まで上昇する可能性が高い。
先週末のNY市場の上昇に伴いCME225先物も13,800円を試しており、明日、1月25日からのレジスタンス13,700円を突破することは確実だろう。その場合…

2月6日前後、少なくとも14,200円を上抜くだろう(`・ω・´)

ショートの買戻しが進めば14,800円まで走るかもしれない。14,800円付近には27ヶ月(821日)移動平均が位置している。そこで一旦相場は調整をはじめ、再び軟調な展開になるかもしれない。しかし、それも3月下旬までだと思う。
その後、27ヶ月移動平均を超え、昨年2月高値18,300円を目指す上昇トレンドを開始するだろう。この過程で円売り・ドル買いが加速するはずだ。

ドル/円相場はロングで間違いない罠( ゚∀゚)b

最後に応援よろしくお願いします→為替ブログランキング

海外株価指数先物をFXとよく似た仕組みの相対取引で売買できる!ひまわり証券【証券CFD取引】