こんばんわ。カブールでつ(・∀・)
今年はじめての投稿です。本年もヨロシクお願いします。
さて、新年早々エグイ円高に見舞われましたネ。
ドルロングで年越ししたカブールには、なかなかキツイ相場展開でしたが、ポン/円ショートで何とかカバーしましたヨ( ゚∀゚)b
それでも、1月4日の雇用統計直後の108円割れにはさすがに焦り、

華麗にドン底ショート…orz

108円台に戻ったところでLCしましたが、ポン/円の利益が半減しました('A`)
それにしても市場心理はドル/円ショートに傾いているようですね。短期的には下げすぎの悪寒がしますが…さて…

海外株価指数先物をFXとよく似た仕組みの相対取引で売買できる!ひまわり証券【証券CFD取引】

20080105USDJPYドル/円相場は12月27日高値114.64円から一方的に下落し、一時107.89円まで達した。これは新たな下落波動のはじまりだろうか。

11月26日安値107.19円を下抜くまで下落波動とみるのは危険だろう(`・ω・´)

長期的に下落局面であったとしても、現在は2007年6月高値124.12円から11月26日安値107.19円までの下落の調整局面にあると考える方が自然だと思う。なぜなら、2007年6月から11月まで5ヶ月間続いた下落期間に対して、11月27日から12月26日の反発期間があまりにも短すぎるからだ。
例えば、98年8月高値147円からの下落局面では5ヶ月間続いた下落後、4ヶ月の反発へ経て99年11月安値101.25円へ到達している。同じように、2002年2月高値135円からの下落局面でも、5ヶ月間続いた下落の後4ヶ月間調整し、2005年1月の101.68円まで下落している。
今回も同じような波動を描くと仮定した場合、3月まで107円をボトムとした調整期間を取るのではないか。
日柄計算すると、ここ数日続いた下落は明日止まる可能性が高い。8〜9日頃からドル/円相場は本格的に上昇するだろう。そのターゲットは…

115円high〜116円lowだ(`・ω・´)

その時期は早ければ1月下旬、遅ければ3月中旬だろう。その時期、この価格帯には月足一目の雲上限が位置する。また前述の2つのケースで戻高値の目安となった17ヶ月移動平均など各種チャートポイントが揃う。チャート的にも美しい。

しかし、最も恐ろしいケースは、2007年6月124.12円から8月安値111.57円を第1波動とした下落5波動が進行しているケースだ。このケースでは現在3波動進行中であり、そのターゲットは…

少なくとも97.60円だ(((( ;゚д゚)))ガクガクブルブル

しかし、それは無いだろう。
1月15日以降の欧米金融機関の決算発表を契機に、深刻なドル不足が世界を襲うと思う。
ドル/円相場は爆発的に上昇する可能性すらあると思うヨ( ゚∀゚)b

最後に応援よろしくお願いします→為替ブログランキング

12月3日より手数料0円!レバ100倍!40通貨ペア!トレイダーズ証券【NFX−PRO】